2017.12.12
航空会社 企業広告(道内向け)

北海道のエアライン、
AIRDOの企業広告でコピーを書かせて頂きました。
2017年3月より、北海道内で毎月掲出されているシリーズ広告です。
毎月、様々な人を主人公にすえて、
飛行機にまつわるストーリーを展開しています。
何かの行動を起こす人たちを支えていく
航空会社としての意思を、
『「     」に翼を。』
という共通タグラインに込めました。

 

 

Client:AIRDO
Agent:電通北海道
Production:マーケティング・コミュニケーション・エルグ、アンドボーダー
Creative director:佐藤 郁
Art director:佐藤 郁、山田 裕樹
Designer:山田 裕樹
Photographer:佐藤 匠
Stylist:松永つくみ
Hairmake:岡下真弓
Copywriter:東井 崇

2017.11.12
航空会社 企業広告(道内向け)

北海道のエアライン、
AIRDOの企業広告でコピーを書かせて頂きました。
2017年3月より、北海道内で毎月掲出されているシリーズ広告です。
毎月、様々な人を主人公にすえて、
飛行機にまつわるストーリーを展開しています。
何かの行動を起こす人たちを支えていく
航空会社としての意思を、
『「     」に翼を。』
という共通タグラインに込めました。

 

 

Client:AIRDO
Agent:電通北海道
Production:マーケティング・コミュニケーション・エルグ、アンドボーダー
Creative director:佐藤 郁
Art director:佐藤 郁、山田 裕樹
Designer:山田 裕樹
Photographer:佐藤 匠
Stylist:松永つくみ
Hairmake:岡下真弓
Copywriter:東井 崇

2017.10.12
航空会社 企業広告(道内向け)

北海道のエアライン、
AIRDOの企業広告でコピーを書かせて頂きました。
2017年3月より、北海道内で毎月掲出されているシリーズ広告です。
毎月、様々な人を主人公にすえて、
飛行機にまつわるストーリーを展開しています。
何かの行動を起こす人たちを支えていく
航空会社としての意思を、
『「     」に翼を。』
という共通タグラインに込めました。

 

 

Client:AIRDO
Agent:電通北海道
Production:マーケティング・コミュニケーション・エルグ、アンドボーダー
Creative director:佐藤 郁
Art director:佐藤 郁、山田 裕樹
Designer:山田 裕樹
Photographer:佐藤 匠
Stylist:松永つくみ
Hairmake:岡下真弓
Copywriter:東井 崇

2017.09.30
航空会社 企業広告(道内向け)

北海道のエアライン、
AIRDOの企業広告でコピーを書かせて頂きました。
2017年3月より、北海道内で毎月掲出されているシリーズ広告です。
毎月、様々な人を主人公にすえて、
飛行機にまつわるストーリーを展開しています。
何かの行動を起こす人たちを支えていく
航空会社としての意思を、
『「     」に翼を。』
という共通タグラインに込めました。

 

 

Client:AIRDO
Agent:電通北海道
Production:マーケティング・コミュニケーション・エルグ、アンドボーダー
Creative director:佐藤 郁
Art director:佐藤 郁、山田 裕樹
Designer:山田 裕樹
Photographer:佐藤 匠
Stylist:松永つくみ
Hairmake:岡下真弓
Copywriter:東井 崇

2017.09.28
北海道 観光プロモーション

北海道観光振興機構さんの2017年キャンペーンにおいて、
コンセプトメイキングとメインコピーを担当させていただきました。

目的は、北海道外に対して、
観光地としての北海道の魅力を訴求すること。
「食」「自然」「体験」など、
北海道について語れることはたくさんありますが、
その視点のみでくくってしまうと、
他地域との違いが見えづらくなってきます。
そこで、より北海道の本質的価値を打ち出すべく
コンセプトに据えたのが、「生命力」です。

いま、観光客が享受できる北海道の魅力は、
もとをたどれば北海道の自然から生まれたものです。
つまり、すべての根底に「命の強さ」があり、
TVやWebを通してだと本当の意味では味わえないもの。
現地を訪れ、自分の体でのみ感じられる素晴らしさです。

これからを踏まえて、
メインコピーを「生HOKKAIDO」
タグラインを「生きてる北海道を、めぐる旅。」とし、
ステートメントを書きました。

特設Webサイトで公開されている
ムービーの動画部分をニール・ハートマンさん、
スチール写真を井上浩輝さんが担当されています。

 

<特設Webサイト>

 

<ムービー>

 

Client:北海道観光振興機構
Agent:電通北海道
Copywriter:東井 崇